Category Archives: サラ金業者

三井住友信託銀行のカードローンメニュー

銀行にはいろいろなカードローンのメニューがあります。銀行のカードローンは基本的に用途は自由になっています。消費者金融で借り入れしたお金も使用用途は特に決められていません。一方、使用用途が決められているローンもあります。

例えば、三井住友信託銀行のカードローンメニューは住宅ローン、アパートローン、リフォームローン、不動産活用ローン、カードローンです。カードローンはお金を借りたらどのように使ってもいいのですが、住宅ローンと同時の申し込みとなっています。

もし住宅ローンを契約したあとにカードローンを利用しなくてはいけなくなった場合は三井住友信託銀行のカードローンを契約するのは面倒なので他の銀行や消費者金融でお金を借りるようにするようにしてもいいですね。

三井住友信託銀行の問い合わせなどの電話は通話料有料ではなくフリーダイアルになっています。わからないことがあったら通話料を気にしないで聞くことができますね。

 

非正規の悪徳業者は世の中にはまだまだたくさんいます。

貸金業法の改定により、昔より暴利でお金を貸し付ける悪徳業者や取立てがキツいサラ金などは少なくなりましたが、世の中にはまだまだ非正規の消費者金融は存在しています。

暴利でお金を貸し付ける悪徳業者はブラックOK、他店に断られた人OKなど、自己破産や多重債務者にも簡単にお金を借りられるようになっています。

貸付金額は5万円以下など小口で、貸付期間も1週間から10日間程度です。金利が高いので、1週間や10日間あれば請求額も順調に膨れ上がり債務者が返済できなくなります。

貸金業法の改定により、金利は20%以内と決められていますので、これを超える業者は非正規の違法業者になります。正規の消費者金融の審査に通れない人も多いので、こうした違法業者は増殖しています。

昔みたいに、家に来てドアを叩きまくり、家の前で叫ぶような業者はいなくなったので世の中には少なくなったように見えますが、まだまだ高利子貸付業者は多いみたいです。

 

政策について

国の政策についてですが、政策を国民が把握するとなると人世をつぎこんでかけても個人で全体を把握するのは難しいことです。財務局http://xn—-e8tzba4rvjva86b2cb4071o0mxbequmsqb5r.com/や国交省や政府全体ジャンルはたくさんあり錯誤するような似た政策もあるのでそこでごちゃごちゃになり勘違いして内容を覚えてしまうことになることがある可能性があります。

しかしながら私たちが人世で息つくまでにいくつの政策に関わりを持っていることを計算すると何千のも数字が関わっています。一つ一つに直接関わることはなくても何かしらで間接的に関わることがあり得ます。金融関係やノンバンクなどのローンでもお金を借りていない人でも間接的に関わっているのです。

例えば銀行がかしているお金は貯金しているお金も使われながら運用されています。それはしっかりとしたルールにそって運用されていますが、国の政策についても間接的に関わっているのです。政策というと関わりを直接的に見つけられない場合間接的に考えたるといい方向にいきます。