All posts by admin

三井住友信託銀行のカードローンメニュー

銀行にはいろいろなカードローンのメニューがあります。銀行のカードローンは基本的に用途は自由になっています。消費者金融で借り入れしたお金も使用用途は特に決められていません。一方、使用用途が決められているローンもあります。

例えば、三井住友信託銀行のカードローンメニューは住宅ローン、アパートローン、リフォームローン、不動産活用ローン、カードローンです。カードローンはお金を借りたらどのように使ってもいいのですが、住宅ローンと同時の申し込みとなっています。

もし住宅ローンを契約したあとにカードローンを利用しなくてはいけなくなった場合は三井住友信託銀行のカードローンを契約するのは面倒なので他の銀行や消費者金融でお金を借りるようにするようにしてもいいですね。

三井住友信託銀行の問い合わせなどの電話は通話料有料ではなくフリーダイアルになっています。わからないことがあったら通話料を気にしないで聞くことができますね。

 

非正規の悪徳業者は世の中にはまだまだたくさんいます。

貸金業法の改定により、昔より暴利でお金を貸し付ける悪徳業者や取立てがキツいサラ金などは少なくなりましたが、世の中にはまだまだ非正規の消費者金融は存在しています。

暴利でお金を貸し付ける悪徳業者はブラックOK、他店に断られた人OKなど、自己破産や多重債務者にも簡単にお金を借りられるようになっています。

貸付金額は5万円以下など小口で、貸付期間も1週間から10日間程度です。金利が高いので、1週間や10日間あれば請求額も順調に膨れ上がり債務者が返済できなくなります。

貸金業法の改定により、金利は20%以内と決められていますので、これを超える業者は非正規の違法業者になります。正規の消費者金融の審査に通れない人も多いので、こうした違法業者は増殖しています。

昔みたいに、家に来てドアを叩きまくり、家の前で叫ぶような業者はいなくなったので世の中には少なくなったように見えますが、まだまだ高利子貸付業者は多いみたいです。

 

政策について

国の政策についてですが、政策を国民が把握するとなると人世をつぎこんでかけても個人で全体を把握するのは難しいことです。財務局http://xn—-e8tzba4rvjva86b2cb4071o0mxbequmsqb5r.com/や国交省や政府全体ジャンルはたくさんあり錯誤するような似た政策もあるのでそこでごちゃごちゃになり勘違いして内容を覚えてしまうことになることがある可能性があります。

しかしながら私たちが人世で息つくまでにいくつの政策に関わりを持っていることを計算すると何千のも数字が関わっています。一つ一つに直接関わることはなくても何かしらで間接的に関わることがあり得ます。金融関係やノンバンクなどのローンでもお金を借りていない人でも間接的に関わっているのです。

例えば銀行がかしているお金は貯金しているお金も使われながら運用されています。それはしっかりとしたルールにそって運用されていますが、国の政策についても間接的に関わっているのです。政策というと関わりを直接的に見つけられない場合間接的に考えたるといい方向にいきます。

口約束よりも念のため借用書を

学校や会社、町内会や労働組合など人は生きていく上で何かしらの共同体に参加しながら生活しています。コミュニケーションを大切にして円滑な人間関係を築いていきたいものですが、人それぞれ性格があるのでそりが合わない人が出てきたり、予期せぬところで誤解を招き、疎遠になってしまうこともあります。

特に人間関係を壊しやすいのがお金の貸し借りです。一度話がこじれると最悪の場合、裁判にも発展しかねないので人にお金を貸すときは借用書を作成することをおすすめします。口約束だとしても約束を交わしてしまえば契約自体は成立しているのですが、もし裁判に発展した場合に証拠をそろえるのが難しくなってきます。

お金を貸した段階で借用書を作成すれば裁判になってもそれを証拠として提出することでお金を返してもらうことができます。借用書には書き方の決まりはありませんが、証拠として残すために最低限の名前や日付、金額や返済日時などは書いておきましょう。

 

国内の資金について

事業資金やオリンピック資金や豊洲市場の移転資金などの国内の資金や国内の一般市民の事業資金や経営資金や教育資金額はちがえど資金というとさまざまな内容があります。資金は高額のものから少額のものまでたいへんだと思いますがもっと国の場合には資金運用についてもっと考えていってほしいと思います。

よくテレビで自分のお金を運営するつもりでと聞きますが果たして本当にそうなっているのかと不安視もあります。資金については法律がかかわったものもありますので調べないといけないと思います。そこで一番調べるのがいいのがwebなどのインターネット情報などで調べるといいと思います。

しかしインターネットの環境がないなどもありますのでそれに関しては電話での問い合わせをしたりそれでも問い合わせ先がわからないときには一度無料相談の弁護士などに話を聞くといいかと思います。やはり法律的には弁護士さんが勉強をしていますので一度聞くといいと思います。

 

カードローンは金利のことも考えて選びましょう

お金に困ったら、お金を借りるということを考えるのではないでしょうか。銀行のカードローンは審査が厳しく、消費者金融の審査は銀行に比べたら厳しくないと言われています。審査に落ちたら困るから、それだったら消費者金融を利用しようと思うかもしれません。

しかし、銀行のカードローンや消費者金融を利用するときには金利も気になりますよね。一般的に銀行のカードローンの金利は低く、消費者金融の金利は高いと言われています。また借り入れ限度額によって貸付利率は異なってきます。例えば、借り入れ限度額が500万円型なら貸付利率は年4.8%、借り入れ限度額が100万円型なら貸付利率は年12%などとかわってきます。お金を借りるときには返済のことも想定して、利用するところを決めましょう。

また高い金利に困っていたら検討するといいものがあります。カードローンの借り換えはおまとめローンです。借り換えに対応しているカードローンもたくさんあります。

 

おまとめにはプロミスのローンも利用できる

複数社の貸金業者から借り入れを行っている場合はひとつにまとめるという手もあります。ひとつにまとめるメリットは毎月一度の返済でよいので管理が楽になるということと、1社での借入額が大きくなることで金利の負担が軽減されて、それによって毎月の負担額が軽減される場合があります。

おまとめローンというとまず銀行を思い浮かべる人が多いと思いますが、消費者金融大手のプロミスもおまとめローンに対応しています。消費者金融での借入は通常、総量規制がかかりますが、おまとめには送料規制がかからず対象外になります。またプロミスのおまとめローンの場合、返済だけで追加の借入はできないという特徴があります。

消費者金融と言うと男性の利用者が多いイメージですが、実は不思議と女性も利用しています。契約の際の必要書類として運転免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要になりますが、外国籍の人は在留カードか特別永住者証明書も必要になります。

 

消費者金融と銀行の違い

行動規範がしっかりしていてどんなにお金を貯めていても、いつお金に困ることになるかは誰にもわかりません。ガソリン代や駐車場代、高速料金代や自動車税、自動車保険代、車検費用など車を持っているとかかる費用はたくさんありますよね。毎月の収入からきちんと貯金できていれば問題ないのですが、生活していて必要なのは車関係の出費だけではありませんよね。

子供が大きくなれば教育費も無視できませんし、家族の誰かが入院すれば入院費もかかってきます。ホントにいつ急な出費があるのかわかりません。お金が足りなくなってしまったときにはお金を借りなければいけなくなるかもしれません。お金を借りることのできるのは銀行や消費者金融などです。

銀行は一般的に審査に時間がかかり、審査も厳しいと言われています。しかし金利は低く設定されています。消費者金融は審査に時間はかからず、審査は甘いと言われています。しかし金利は高く設定されています。